この記事を印刷する この記事を印刷する

2018年のヒット製品

今年も昨年に引き続き陸稲の話題が多かったというか、陸稲ばっかりでした。
何か話題があれば良いのですが、むしろ他の方が記事にされている内容を参考にさせていただいている側なので、今後も増えないような気もしますが、今後もよろしくお願いします。

さて2018年もまもなく終わり。
個人的に使っていて便利だったor良かった商品の紹介です。
昨年(2017年)は、こんな感じでした。

1.KYBエンジニアリングアンドサービス株式会社 ショックアブソーバ KYB NEW SR SPECIAL

http://www.kybclub.com/products/street/newsr/

 普段使い軽自動車のショックアブソーバを交換しました。
 走行距離が結構(25万キロ)いっているので、ハンドルを切ったり、道路のうねりや細かい段差にあうと、車体がふらふら・グラグラ。段差を通過するとショックがなかなか収まりません。
 ちょうど車検のタイミングだったので、ショックアブソーバとアッパーマウントなどを含めて行きつけの自動車整備工場で一式交換(スプリングはそのまま利用です)してもらいました。純正でも良かったのですが、純正より安く、車高が変わらずそのまま取り替えできることからNEW SR SPECIALを採用です。
 交換後ですが直進性が良くなりました。ふらつかずにまっすぐ走ります。次にハンドルと切ると、交換前は捻った感があってから向きが変わるのが、すっと素直に変わります。振動についても40~60km/hでは程よく押さえ込んでくれます。あくまで街乗り用のセッティングで、峠を攻めるとかスポーツ走行用ではありません。
 全般に乗り心地が良くなったことはわかるのですが、ショックアブソーバ単体で大きな効果があったのか、アッパーマウントなどのゴム部品を交換したことによるものなのかは比較対象がないので不明です。
 ショックアブソーバの交換やゴム類の交換は、走行距離や年数が経過すれば劣化するものなので気になれば交換しても良いかもしれません。ショックアブソーバの交換の目安は5万キロという記事もありますが、徐々に劣化していくものなので、日常乗っているとそれほど気にならないのではないでしょうか。

フロント側

薄い青色が交換したショックアブソーバです。


スプリング(バネ)はそのまま利用し。バネなどを固定するためのゴム部品は併せて新しいものに交換しています。

リア側

スプリングと分離されている構造のため、ショックアブソーバを取り替えるだけ。

頑張れば自分でも交換できます。

2.株式会社サクラクレパス 消しゴム Arch消しゴム
https://www.craypas.com/products/lineup/detail/762.php

 消しやすい・折れないというのがキーワードになっている消しゴム。
 最近はシャープペンシルの芯を柔らかいものに変えた使っているので、消しゴムで消しにくいということはあまりないのですが、このArch消しゴムは、より軽い力でこするだけで消えますし、折れにくいです。
 あとは百均で2個入りで売っているので購入しやすいのがよいところ。

サイズが大・小の2種類あるようです。写真は小サイズのもの。
使いかけのため先端が丸まっています。

3.パナソニック株式会社 EZ7410 スティックドリルドライバー 3.6V
http://www2.panasonic.biz/es/densetsu/powertool/recommend/ez7410/index.html

 EZ6220を長年使用していたのですが、EZ7410に買い換えをしました。
 EZ6220も現行品で販売してはいるのですが、充電器や電池がバラ売りだったり、本体が2.4V仕様のためニッケル水素電池で放電しやすいなどあってEZ7610を購入しました。

 小ねじ用の充電ドライバーです。スピードはハイ/ロー2段ギア切り替え式といたってシンプルですが、ネジ締めであれば無段変速よりON・OFFがハッキリしていて使いやすいと思います。
 EZ6220から変わった点は、締め付けトルクに達したときに回転そのものが停止します。カタカタといったスリップ状態ではなくなりました。また、対応するドライバビットが一般的な長さのものに対応しました。EZ6220は浅めのものだったので、一般的に売られているビット(段付きが13mmや16mmのものが一般的)を使用するとロックせずに抜け出してきました。
 ちなみにトルクを気にせずに早く作業をする時には、スティック(ペンシル型)のインパクトライバー(マキタ製)を使っています。

 操作スイッチが左側にしかありません。右利きの人は気にならないかもしれませんが、左利きだと若干慣れが必要となります。このあたりはユニバーサルデザインになるようにして欲しいところです。
 写真はパナソニック株式会社のHPから引用。

 こちらが旧型。新型より若干コンパクトにできています。作業可能量は比較では少なめですが、そんなに根を詰めて作業をするときはミスも多いときなので、充電中は休憩した方が良いと思います。
 そういえば、旧型はビットのロック方法は差し込むだけでしたが、新型は一般的なビットロック機構を引っ張って抜き差しする方式になっています。
 写真はパナソニック株式会社のHPから引用。

カテゴリー: 雑記 タグ: , パーマリンク