この記事を印刷する この記事を印刷する

2017年のヒット製品

今年は昨年に引き続き陸稲の話題が多かった1年でした。
ZenFone 3 Laserの話題が少しありましたが、まさかコメントがつくとは思いませんでした。
投稿履歴をみると、年間に10本投稿(今回分は除く)しました。
なかなか記事を書く癖がないで、今後も増えないような気もしますが、今後もよろしくお願いします。

さて2017年もまもなく終わり。
個人的に使っていて便利だった商品の紹介です。
昨年(2016年)は、こんな感じでした。

1.ダイソー(株式会社大創産業 ) 水切りワイパー(製品名うろ覚え)100円+税

百均ならダイソーでなくても売っているガラスの結露をとるためのワイパーです。
ペットボトルを取り付けるタイプでなく、水取り容器がついています。
ペットボトル容器より小さいので、水を貯める容量は少ないですが小回りがきくので、こちらの方が便利ではないかと思います。結露が多いときだと、人が出入りする窓サイズだと1枚で容器が水でいっぱいになります。(それだけ容器が小さいということでもあります)

完全に結露を除去するのは無理ですし、水気がない箇所や結露が水滴すぎるとワイパー部分が滑らず引っかかってしまいます。
それでも、タオルや雑巾で拭き取るより早いですし、多くの水を取ることができるので便利です。

2.株式会社ベッセル ボールラチェットドライバー No.2200
商品ページ「http://www.vessel.co.jp/product/screwdriver/detail/125346

ラチェット機構がついているため、右回し・左回しを固定することができます。
使っているときは、どちらにも回るように中立(ロック)位置で使用していることが多いのでラチェット機構がそこまで便利ということはないかもしれません。

グリップ部とビット部分が分離できるため、ラチェット機構を残してビットだけ取り替えることができます。

ビットは磁化されていますが、磁石が弱い(購入したのは弱かったです)のでネジをしっかりと保持するのは難しいです。私は着磁器を使って磁力を強めて使用しています。

このドライバーのよいところは、ビットのネジへのあたり(フィット)が非常によいところ。ネジを回すときにネジ山を潰しにくい(リームアウトやカムアウトし難い)です。ドライバーに求められる基本的な機能をしっかり備えています。ラチェット機構がないモデルでも同じかもしれませんが、昔のボールグリップドライバーは、ここまでは良くなかったので最初に使ったときは全然違うという感触でした。
ちなみにビットは消耗品です。徐々に削れたり変形していくため最初の頃よりネジとのフィット感が悪いなと感じたら新しいものに変えた方が良いかと思います。


画像は(株)ベッセルのHP画像を引用しました。

カテゴリー: 雑記 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*