この記事を印刷する この記事を印刷する

Kindl Fire HD8 がWi-Fiにつながらない

Kindl Fire HD8(第6世代) model:PR53DC の話です。

無線LANの親機が不調になってきたので新しい親機に交換しました。
新しい親機は、BUFFALO WHR-1166DHP3。
子器側の設定を変更したくない(AOSSは使っていない)ので、SSIDは従来IDを手動設定しました。

5GHz帯で接続できるものは、5GHz帯を利用するという使い方をしているので、Kindleさんも接続設定するのですが、なぜか接続できません。他の端末は、設定変更不要で接続できます。(そのためにSSIDを従来にしているのだが)

いろいろ設定をいじってみた結果、無線LAN親機のチャネル(Ch)設定が自動状態だと、Kindleで利用できるChと異なることが判明。要はKindleで利用できるChが非常に少ないのです。

Amazonのヘルプ「Wi-Fiに接続できない」には、
Wi-Fiルーターは1~11までのチャンネルに設定することをおすすめします(チャンネル12~14もご使用いただけます)
という記載がありますが、これは2.5GHz帯Chをいっているので、5GHz帯のことが記載されていません。

設定方法は、WHR-1166DHP3の無線LAN設定-5GHz から、無線チャンネルを、下記のいずれかにすればOKです。
注意点:Chを固定するため近隣に同じChで利用している場合、通信が遅くなったり不安定になる場合があります。相手が自動設定ならChが変更されるので問題ないはずですが、近隣も固定Chで運用している場合もあります。Wi-Fi電波状況が分かるアプリがいろいろありますので、事前に電波状況を確認してからCh設定をするのがよいでしょう。

WHR-1166DHP3で設定できるChは次のとおり(BUFFALO HPより)
IEEE802.11a:5.2~5.7GHz( 36 / 40 / 44 / 48 / 52 / 56 / 60 / 64 / 100 / 104 / 108 / 112 / 116 / 120 / 124 / 128 / 132 / 136 / 140ch )
※Ch 36 / 40 / 44 / 48・・・・タイプW52
Ch 52 / 56 / 60 / 64・・・・タイプW53(2005.5以降利用可能)
Ch残り部分・・・・タイプW56(2007.1以降利用可能)

このうち、Kindleで設定できるChはこれだけ。
Ch 36 / 40 / 44 / 48
タイプW52の部分だけに対応しているようです。

PCでの設定画面
赤枠で囲った部分を自動→36 / 40 / 44 / 48のいずれかに変更する

今後ファームウェアアップデートで帯域を広げてくれることを期待しています。
技適クリアをしていれば、周波数はソフト設定で対応できると思うのですが、第7世代で対応した方が製造側としては楽でしょうね。

カテゴリー: 雑記 タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*