この記事を印刷する この記事を印刷する

2016年のヒット製品

今年の更新は陸稲の話題が多かったというか、そればっかりでした。

さて2016年もまもなく終わり。
個人的に使っていて便利だった商品の紹介です。
今年はキッチンというかフライパンです。

ちなみに2015年は、こんな感じでした。

1.リバーライト株式会社 極フライパン20cm 定価4700円+税
http://www.riverlight.co.jp/product_kiwame.html

表面加工がしてあるフライパンがすぐにダメになるので、鉄のフライパンを購入。
フライパンがダメになるのは、おそらくお弁当に持って行く食材を焼く・炒めるが原因。食材の量が少ないのに調理のために結構な時間、フライパンを熱しているからか、食材がのっていない場所が空だき状態になって、そこから表面のコートが傷んでいくような感じがします。
極プライパンは鉄製フライパンなので、油を馴染ませたりちょっと面倒ですが、従来の鉄フライパンに比べれば比較的楽だと思います。
熱の伝わりがよいので火力はいままでより弱火で調理できて、しっかり焼けるからか、味もこちらの方が美味しく感じます。

2.平和フレイズ株式会社 超深型フライパン 20cm ダブルマーブル IH対応 WR-5949
http://www.wahei.co.jp/
商品はAmazon参照 https://www.amazon.co.jp

こちらもフライパンです。リバーサイドのフライパンだけでは不便で、やはり表面加工してあるフライパンが欲しいなということでスーパーで買った物です。(上のリンクはAmazonの商品ページにしてあります)
小さい&深めのフライパン(深さは7cm程度、有効深さは5cm程度)で、焼く・煮るが1つでできます。ラーメン1人前程度なら十分作ることが出来ます。
さらに自宅では20cmの鍋をつかっているため、鍋ぶたが流用でき、蒸す、煮るをするときに重宝しています。

 

カテゴリー: 雑記 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*