この記事を印刷する この記事を印刷する

陸稲7(2017)

2週間の乾燥期間を経ていよいよ脱穀です。脱穀はハーベスター(脱穀機)で行います。
機械なので脱穀は早いです。束ごと機械に投入していくだけ。むしろ準備と片付けの方に時間が掛かります。
前回(昨年)は10kg程度だったのですが、同じ作付面積で今回は16.5kgとなりました。
脱穀=籾の状態なので、籾摺り、精米をすると10kg+程度になるかと予想しています。


ハーベスターで脱穀中。

 

カテゴリー: 陸稲, 雑記 | タグ: | コメントする
この記事を印刷する この記事を印刷する

陸稲6(2017)

台風18号が日本列島を縦断した後の台風一過のタイミングで稲刈りをしました。
土曜日に稲刈りをする予定だったのですが、風が強く倒伏してしまった箇所もあり、土曜日まで天気が持たないような予報だったため前倒しです。
収穫量は重さベースでは昨年より多そうです。終盤の天気がもう少し良かったらもっと実っていたかもしれません。
写真は、はざ掛けの様子。こちらも昨年同様、屋根のある場所で乾燥させています。
2週間程度乾燥させたら、脱穀が待っています。

カテゴリー: 陸稲, 雑記 | タグ: | コメントする
この記事を印刷する この記事を印刷する

陸稲5(2017)

稲穂も実り垂れるようになりました。
さすがに、8月の天候不順の影響をまともに受けているので、実入りが微妙なところ。
8月終盤以降は、天候も比較的安定し風もあるので、このまま稲刈りまで安定した天候でいてほしいところです。
順調なら9月下旬~末ごろには収穫ができそうです。長雨と台風さえなければ大丈夫。

カテゴリー: 陸稲, 雑記 | タグ: | コメントする
この記事を印刷する この記事を印刷する

陸稲4(2017)

今年は晴れ間が少なく、曇りや雨が多いです。
草丈は80~100cmになり、ほぼ出穂(しゅっすい)しました。
どの程度、実になるかが楽しみなところですが、晴れ間と風が少ないので病気が心配。
いもち病の被害に遭わなければよいのですが・・・。

カテゴリー: 陸稲, 雑記 | タグ: | コメントする
この記事を印刷する この記事を印刷する

陸稲3(2017)

梅雨も明けて夏本番です。となると良いのですが、梅雨明け宣言はされたものの、梅雨の時より雨がよく降っているような・・・・。

稲は追肥を行い、草丈70~80cm程度になりました。
少しだけですが、稲穂が出てきたものもあります。
1週間程度、雨や曇りと悪天候が続いたので稲が病気になりそうでしたが、天候も回復し風もあったためどうにか持ち直したようです。無農薬栽培をしているわけではないので、必要なら農薬も使うのですが今のところ大丈夫そう。


稲穂が出てきました。(写真中央)

カテゴリー: 陸稲, 雑記 | タグ: | コメントする
この記事を印刷する この記事を印刷する

陸稲2(2017)

稲を植えて、1ヶ月ちょっとたちました。
3週間目あたりで追肥を行っています。
稲の丈は倍以上になりましたし、分けつ(茎の根元から新しい茎が出てくることです)も昨年より順調です。耕作前の肥料を変えてみたので、それがいい仕事をしているのかもしれません。
梅雨時期なのですが、天候がよいのでぐんぐん育っています。


カテゴリー: 陸稲, 雑記 | タグ: | コメントする
この記事を印刷する この記事を印刷する

陸稲1(2017)

今年も陸稲に挑戦。
育苗器でモミから育てた稲を植えました。苗の大きさは15cm程度。
(育苗器の写真を今年も撮り忘れ。)
去年を超える収穫が出来るか楽しみです。

カテゴリー: 陸稲, 雑記 | タグ: | コメントする
この記事を印刷する この記事を印刷する

Kindl Fire HD8 がWi-Fiにつながらない

Kindl Fire HD8(第6世代) model:PR53DC の話です。

無線LANの親機が不調になってきたので新しい親機に交換しました。
新しい親機は、BUFFALO WHR-1166DHP3。
子器側の設定を変更したくない(AOSSは使っていない)ので、SSIDは従来IDを手動設定しました。

5GHz帯で接続できるものは、5GHz帯を利用するという使い方をしているので、Kindleさんも接続設定するのですが、なぜか接続できません。他の端末は、設定変更不要で接続できます。(そのためにSSIDを従来にしているのだが)

いろいろ設定をいじってみた結果、無線LAN親機のチャネル(Ch)設定が自動状態だと、Kindleで利用できるChと異なることが判明。要はKindleで利用できるChが非常に少ないのです。

Amazonのヘルプ「Wi-Fiに接続できない」には、
Wi-Fiルーターは1~11までのチャンネルに設定することをおすすめします(チャンネル12~14もご使用いただけます)
という記載がありますが、これは2.5GHz帯Chをいっているので、5GHz帯のことが記載されていません。

設定方法は、WHR-1166DHP3の無線LAN設定-5GHz から、無線チャンネルを、下記のいずれかにすればOKです。
注意点:Chを固定するため近隣に同じChで利用している場合、通信が遅くなったり不安定になる場合があります。相手が自動設定ならChが変更されるので問題ないはずですが、近隣も固定Chで運用している場合もあります。Wi-Fi電波状況が分かるアプリがいろいろありますので、事前に電波状況を確認してからCh設定をするのがよいでしょう。

WHR-1166DHP3で設定できるChは次のとおり(BUFFALO HPより)
IEEE802.11a:5.2~5.7GHz( 36 / 40 / 44 / 48 / 52 / 56 / 60 / 64 / 100 / 104 / 108 / 112 / 116 / 120 / 124 / 128 / 132 / 136 / 140ch )
※Ch 36 / 40 / 44 / 48・・・・タイプW52
Ch 52 / 56 / 60 / 64・・・・タイプW53(2005.5以降利用可能)
Ch残り部分・・・・タイプW56(2007.1以降利用可能)

このうち、Kindleで設定できるChはこれだけ。
Ch 36 / 40 / 44 / 48
タイプW52の部分だけに対応しているようです。

PCでの設定画面
赤枠で囲った部分を自動→36 / 40 / 44 / 48のいずれかに変更する

今後ファームウェアアップデートで帯域を広げてくれることを期待しています。
技適クリアをしていれば、周波数はソフト設定で対応できると思うのですが、第7世代で対応した方が製造側としては楽でしょうね。

カテゴリー: 雑記 | タグ: , , | コメントする
この記事を印刷する この記事を印刷する

ZenFone3 LaserでWi-Fiが遅い件

ASUSのZenFone3 Laserを利用しているのですが、Wi-Fiが遅いという現象があります。
自宅ではbuffalo製のエアステーションに接続しているのですが、小ファイルを頻繁にやりとりするような通信(普通にHPを見るときですな)になると、ちょっと通信、数秒休みといった断続的な通信をします。(感覚としてはパケット詰まりのような現象です)

Netgear製のモバイルルータに接続したときには、そこまで遅い覚えもないので機器相性なのか通信制御方式に何かあるのかもしれません。

検索をしてみると、同様な現象が見られる方もいるようなのですが、肝心の改善対策が見つかりません。ちょっと試してみたら私の場合は改善されたので、参考に掲載しておきます。
ビルド番号MMB29P.JP_user14.40.144.37_20170119

注意
私の場合は改善されただけなので、たまたまかもしれません。とりあえず、自分は困らなくなりました。

手順
1.開発者向けオプションを開けるようにします。
「設定-端末情報-ソフトウェア情報-ビルド番号を7回タップ」仔細は検索してください。

2.開発者向けオプションを開いて「上段の開発者向けオプションON」を”ON”にします。

3.続いて、「従来のDHCPクライアントを使用する」を”ON”にします。
(念のため)zenfonのWi-FiをOFF-ONするか、本体を再起動。
これで終了です。改善されていれば、体感的に分かると思いますし、画面上部の通信アイコン(上下の△が▲で継続する)でも判別がつくかと思います。

Zenfont3 screen shot

カテゴリー: 雑記 | タグ: | 8件のコメント
この記事を印刷する この記事を印刷する

2016年のヒット製品

今年の更新は陸稲の話題が多かったというか、そればっかりでした。

さて2016年もまもなく終わり。
個人的に使っていて便利だった商品の紹介です。
今年はキッチンというかフライパンです。

ちなみに2015年は、こんな感じでした。

1.リバーライト株式会社 極フライパン20cm 定価4700円+税
http://www.riverlight.co.jp/product_kiwame.html

表面加工がしてあるフライパンがすぐにダメになるので、鉄のフライパンを購入。
フライパンがダメになるのは、おそらくお弁当に持って行く食材を焼く・炒めるが原因。食材の量が少ないのに調理のために結構な時間、フライパンを熱しているからか、食材がのっていない場所が空だき状態になって、そこから表面のコートが傷んでいくような感じがします。
極プライパンは鉄製フライパンなので、油を馴染ませたりちょっと面倒ですが、従来の鉄フライパンに比べれば比較的楽だと思います。
熱の伝わりがよいので火力はいままでより弱火で調理できて、しっかり焼けるからか、味もこちらの方が美味しく感じます。

2.平和フレイズ株式会社 超深型フライパン 20cm ダブルマーブル IH対応 WR-5949
http://www.wahei.co.jp/
商品はAmazon参照 https://www.amazon.co.jp

こちらもフライパンです。リバーサイドのフライパンだけでは不便で、やはり表面加工してあるフライパンが欲しいなということでスーパーで買った物です。(上のリンクはAmazonの商品ページにしてあります)
小さい&深めのフライパン(深さは7cm程度、有効深さは5cm程度)で、焼く・煮るが1つでできます。ラーメン1人前程度なら十分作ることが出来ます。
さらに自宅では20cmの鍋をつかっているため、鍋ぶたが流用でき、蒸す、煮るをするときに重宝しています。

 

カテゴリー: 雑記 | タグ: , | コメントする