blog
掲示板オフ会用掲示板電気の話題Widnowsの話題写真館 | その他いろいろベンチマーク管理人よりサイトマップWEBメール

電気の資格

電気関係の資格をまとめてみました。
資格にリンクがあるものは、試験機関へのリンクしています。
こんな免状もらえますの、免状をクリックすると大きなサイズで表示します。

資格 受験料 試験日 コメント こんな免状もらえます
第3種電気主任技術者 インターネット
4,850

ゆうちょ銀行払込取扱票
5,200

受付
5月中旬〜6月上旬

試験日
9月上旬

通称:電験3種
学歴、年齢、性別不問の資格。
工業高校(電気科)卒業程度の知識で合格できることになっているが、近年は合格者数を3500人程度に調整していることから合格率は6%程度になっている。

受験者が年々増加傾向にあったが最近は、申込者数68,000人程度で安定。実際の受験者数は、50,000人程度。

試験は5択マークシート方式。
4科目制による科目合格制度を採用しており、受験年度を含んで3年間、合格科目の持ち越しが可能。

電圧が5万ボルト未満の事業用電気工作物(出力5千キロワット以上の発電所を除く。)の主任技術者をすることができます。
都市部のスポットネットワーク送電の事業所や中規模までの工場やビル、大型商業施設などが対象です。

中規模でも都市部以外では送電電圧が66又は77KVとなるため、3種では対応できない場合がある。

第2種電気主任技術者 インターネット
12,400

ゆうちょ銀行払込取扱票
12,800

受付
5月下旬〜6月上旬

一次試験
8月下旬

二次試験11月下旬

電験3種より高難易度の資格。
科目合格制度は同じだが、一次試験は語群から解答を選択するマークシート方式。一次試験合格後、二次試験があり記述回答方式となっている。

電圧が17万ボルト未満の事業用電気工作物の主任技術者をすることができます。大きな工場や郊外のビル、大型商業施設の場合に必要です。

試験合格により取得するより、必要資格条件を満たして申請することで認定で取得する場合が多いです。

第1種電気主任技術者 インターネット
12,400

ゆうちょ銀行払込取扱票
12,800

受付
5月下旬〜6月上旬

一次試験
9月下旬

二次試験11月下旬

電験2種より当然難しい資格。
試験は電験2種と同じく、二次試験まである。
問題の難易度は電験2種に比べかなり難しい。

すべての事業用電気工作物の主任技術者をすることができます。実際には1種が必要な職場というのは電力会社などに限られますので実力試しに近いかもしれません。

余 白 
第2種電気工事士 インターネット
9,300

ゆうちょ銀行払込取扱票
9,600

受付
3月中旬〜4月上旬

筆記試験
上期:6月上旬
下期:10月上旬

技能試験
上期:7月下旬
下期:12月上旬

学歴、年齢、性別不問の資格。
一般家屋(一般電気工作物)の電気工事が出来る資格。
筆記試験は、電気関係の資格では簡単。
技能試験は、机上での配線実技がある。

近年は、指定工具が廃止されるなど緩和が進んでいます。ちょっと前まで、圧着工具を使用していたときには、握力が足りないと、工具が扱えずに挫折した人もいたとか。

受験者が多いのか試験が、上期・下期に分散されるなどしているが、受験できるのは年1回だけ。
筆記試験は、受験者数22,000人程度で合格率60%程度。
技能試験は、受験者数61,000人程度で合格率70%程度。
筆記試験と技能試験で受験者数が異なるのは、筆記試験免除により技能試験のみ受験している場合が多いため。

電験3種を取得後、3年間の実務経験があると、認定で資格取得が可能。

第1種電気工事士 インターネット
10,900

ゆうちょ銀行払込取扱票
11,300

受付
6月下旬〜7月中旬

筆記試験
10月上旬

実技試験
12月上旬

実務経歴の証明が免状交付条件の資格。受験するには条件はないが経験がないと免状が発行されない。

第2種電気工事士の範囲+ビルなどの自家用電気工作物まで工事可能な資格。

電験3種を取得後、5年間の実務経験があると、認定で資格取得が可能。

トランスを使用するネオン工事と非常用発電機工事には、別途講習を受けて資格を必要とする。

取得後に5年毎に更新講習を受講する必要がある。

エネルギー管理士 17,000 受付
5月下旬〜6月中旬

試験
8月上旬

学歴、年齢、性別不問の資格だが、免状交付には1年以上の実務経験が必要。
平成18年度より従来の電気・熱の各管理士がなくなり、新エネルギー管理士となる。
特定の第1種エネルギー管理指定工場では必要とされているが資格としてはそれほど使い道はないと思う。
受験料が高いのが難点。企業向けの資格のためか。
合格率は20〜25%程度。難易度は電験3種と2種の中間程度か。

試験では熱又は電気を選択して受験する選択科目がある。熱を選択してエネルギー管理士に合格している場合には、ボイラー・タービン主任技術者を取得する際に、実務経験年数を大卒(機械工学)卒業程度と同等(実務経験年数としては最短)にすることが可能。

1級電気工事施工管理技士 学科試験
11,800

実地試験
11,800

受付
2月上旬〜2月下旬

学科試験
6月上旬

実施試験
10月下旬

実務経歴の証明または第1種電気工事士が必要。

建設工事で一定規模以上の工事を請け負う場合に必要。
試験に合格後、監理技術者講習を受講すると、監理技術者の資格が取得できる。

官公署などの公共工事で必要な資格。
就職先が特定建設業でなければ2級を持っていれば問題はない。

2級電気工事施工管理技士 学科・実地試験
11,800
受付
6月中旬〜7月中旬

試験日
11月中旬

実務経歴の証明か第1種電気工事士が必要。

建設工事で一定規模以上の工事を請け負う場合に必要。
官公署などの公共工事では必要な資格。

消防設備士(第4・7類) 甲種
5,000

乙種
3,400

都道府県で異なる (甲・乙種)第4類は、火災報知器などの設置工事の監督と点検が行える資格。
ただし、乙種では工事はできず、点検のみ。
(乙種)第7類は、漏電警報器の点検が行える。
第7類に甲種資格はない。

第4類は、電気工事士か電気主任技術者を取得していると、試験で一部免除がある。
第7類は、電気工事士を取得していると、一部免除がある。

5年毎に講習を受講する必要がある。

危険物取扱者 甲種
5,000

乙種
3,400

丙種
2,700

都道府県で異なる (甲種)乙種第1類〜第6類のすべての危険物について、取り扱いと定期点検、保安の監督ができる。受験には条件がある。

(乙種)第1類〜第6類に分類されていて、該当する危険物について、取り扱いと定期点検、保安の監督ができる。
ポピュラーなのは第4類でガソリン・灯油・軽油・重油を取り扱う場合に必要。受験条件はなし。

(丙種)ガソリン、灯油、軽油、重油などに限定して、取り扱いと定期点検ができる。

電気設備から見ると、常用・非常用発電機を設置している場合が多いため、乙種4類の需要が多い。またNaS(ナトリウム硫黄)電池を設置する場合には、乙種第2類(硫黄)、乙種第3類(金属ナトリウム)が必要となる場合がある。

(電気通信の)工事担任者 8.700

<第1回>

受付
2月上旬〜3月上旬

試験日
5月下旬

<第2回>

受付
8月上旬〜8月下旬

試験日
11月下旬

電話工事に関する資格。接続したい回線数・種類、電話交換機の内線数により資格の範囲が異なる。

AI第一種、AI第二種、AI第三種、DD第一種、DD第二種、DD第三種、AI・DD総合種がある。科目合格制度があり、受験年度を含めて3年間の合格科目の持ち越しが可能。

AI第一種とDD第一種を兼ねたAI・DD総合種がもっとも難易度が高い資格となる。合格率は、三種で37%程度で総合種で19%程度となっている。

NTTが住宅向けに提供している光ファイバサービス(フレッツ光)やアナログ1回線であれば、AI種、DD種共に三種でよいが、回線数の多い工場、ビルでは一種、二種や必要となる。二種では対応できる範囲が微妙なため、二種を飛ばして一種を受験した方がよいかもしれない。